本文へ


"まちづくり・農山漁村"の検索結果

HOME > 住まいや環境のこと > まちづくり・農山漁村

28件のサービスがあります。

府立農業大学校修学資金の貸与

府立農業大学校に在学する者で将来府内において農業に従事しようとする者に修学資金を貸与する

文化財保護のこころを育む事業

京都府では、府民の文化財に対する理解を深め、文化の永続的な向上発展に資するため、平成20年7月に「文化財を守り伝える京都府基金条例」を制定し、皆様から広く寄附を募り、文化財保護に関する事業を展開しています。
その事業の一環として、「文化財保護のこころを育む事業」に関する経費の2分の1以内(限度額200万円)を補助します。

京都丹波 教育体験旅行プログラム

府が進める「みやこ構想」の一つとして、京都丹波地域(亀岡市、南丹市、京丹波町)では、千年の京の食文化を支えてきた産地での京野菜の収穫体験や、豊かな自然環境の中での森の体験を、「京都丹波・食と森の交流協議会」を通じて、都市農村交流の一プログラムとして提供しています。

地球温暖化防止活動推進員の派遣

府民の求めに応じて、温室効果ガスの排出の抑制のための調査、指導、助言等を行う地球温暖化防止活動推進員を派遣します。

丹後農業実践型学舎事業

丹後国営開発農地で、大規模野菜生産の担い手を育成する丹後農業実践型学舎を開設しています。

京都モデルファーム推進事業

高齢化等により集落内での活用が困難な耕作放棄地と、農業の多面的機能に着目した社会貢献活動等を指向する企業やNPO法人をマッチングすることにより、企業やNPO法人等の多様な主体が、地域と協働して取り組む農地の保全活動を支援し、農地の有効活用を図る運動です。

子ども・地域の安心・安全活動支援事業

登下校時に子ども見守り活動を行う団体に、ボランティア保険の加入や活動用資機材の提供を行っています。

森を守り育てる運動(京都モデルフォレスト)

府民、企業、団体等の皆さんの協力を得て、京都の森を守り育むモデルフォレスト運動を実施しています。体験活動等も実施していますので、お気軽にご相談ください。

レンタカウ

雑草対策や獣害対策のため、畜産センター(碇高原牧場)が集落に牛を貸し出し、耕作放棄地等に放牧するものです。

地域力再生プラットフォーム、コラボカフェ、アドバイザー派遣(交流・発信支援)

地域団体が自主的に課題解決に取り組む活動を支援し、行政と府民のパートナーシップによる地域力再生を推進します。